天理教とは

天理教は、江戸時代の天保9年(1838年)、中山みき(天理教教祖)によって始められました。

現在、日本国内を中心に約1万3千カ所の教会があり、信者数は200万人を数え、その教えは世界80カ国に広がっています。

その信仰の中心は、親神・天理王命(おやがみ・てんりおうのみこと)によって人間創造の地点と教えられる聖地・ぢば(現在の奈良県天理市中)にあります。

天理教は、世界中の全ての人々が親神様に守られ生かされて、仲睦まじくたすけ合う陽気ぐらし世界の体現に向かって活動しています。

3分で読める天理教

以下、天理教の基本的な教えを一回3分で読める記事です。

あわせて読みたい
①天理教とは? 今回から10回に渡って、天理教の基本のところを分かりやすく3分で読める記事を投稿していきます。最後まで読んでいただけば、天理教の全体像が分かる構成となっています...
あわせて読みたい
②神様について 神名 神様と聞くと、ゼウスやポセイドン、さらにはイエス・キリストや天照大神などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、天理教の神観念はこれらとは異...
あわせて読みたい
③十の説き分け 前回、親神(天理王命)様には「元の神」と「実の神」という二つの側面があることを確認しました。今回は、親神様の具体的な守護(働き)について体系的に見ていきまし...
あわせて読みたい
④基本教理:かしもの・かりもの 前回、全生命が親神様の十全の守護によって生かされていることを確認しました。では、私たちの身体は一体誰のものなのでしょうか。自分のものに決まっている!普通はこ...
あわせて読みたい
⑤基本教理:八つの埃 前回の投稿では、人間の身体は親神様からの「かしもの・かりもの」であることが分かりました。それでは自分のものは何もないのかというと、そうではありません。私たち...
あわせて読みたい
⑥実践教理:ひのきしん 前回までは、「かしもの・かりもの」や「八つの埃」といった天理教の基本となるところを見てきました。ここからは、教えの実践的な側面にフォーカスしていきたいと思い...
あわせて読みたい
⑦実践教理:つとめ さあ、今回から二回に渡って天理教で最も大切なつとめというものについて説明していきます。初めての人にとっては感覚的に理解しづらい部分があるかも知れませんが、ど...
あわせて読みたい
⑧実践教理:続・つとめ 今回は、つとめに関して前回説明し切れなかった側面を見ていきたいと思います。壮大な話題になりますが、人類やこの世界の根本的な原理であり、とても大切なところです...
あわせて読みたい
⑨教祖・おやさま 人々に親神様の存在を伝え、これまで述べてきた教えを説いたのは、教祖・中山みきという方です。ちなみに天理教では、教祖と書いておやさまと読みます。はじめての方に...
あわせて読みたい
⑩天理教の今 これまで教えの基本となるところを簡単にではありますが順々に見てきました。最後に、現在の天理教について簡単に説明して、まとめとさせていただきます。 本部と教会 ...

HOME