青年会 名古屋分会

こんにちは!天理教青年会名古屋分会です。天理教には、16〜40歳までの男性を対象とした青年会があります。そして私たち名古屋大教会においては、天理教青年会名古屋分会が発足されていますので、ここではその活動をご紹介します。

天理教青年会とは

天理教青年会は、大正7年(1918年)10月25日、自分たちの力で教えをもっと広く世界へ伝えたい、この教えをもっと深く求めたいという人々が結集し、誕生しました。

また、その行動理念に、あらきとうりよう(荒木棟梁)を掲げてます。あらきとうりようとは、外に向かっては未開の山林を切り拓くごとく、いまだ教えが伝わっていないところへ踏み入る布教者であり、また内に向かっては、進んで自らの信仰を掘り下げる求道者を意味します。青年会員は、このあらきとうりようを自負し、日々、布教と求道に励んでいます。

あらきとうりよう指針

一、我らあらきとうりようは、たすけ一条の喜びに徹し、世界たすけの先達となろう。
一、我らあらきとうりようは、進んでぢばに伏せ込み、をやの息をかけて頂こう。
一、我らあらきとうりようは、常にひながたを見つめ、教祖にお喜び頂ける心で通ろう。 

名古屋分会について

天理教青年会名古屋分会は、基本指針「世界たすけへの挑戦」を受けて、国内外を問わず様々な活動を展開してきました。
具体的には、おやさと普請ひのきしん隊、東日本大震災による被災地復興支援、山形県での除雪ボランティア、国内の外国人に対する日本語教育、ラオスでの日本語学校、世界各地における布教活動など多岐に渡ります。

お問い合わせはこちら

委員長森井 治
副委員長二宮 友和 松永謙太
委員佐藤善太郎 森井誠 沖雄喜 小松守暁 小原敬徳 熊谷修真 山岸誠矢 佐野誠太郎 松島慎平 ホアン・セバスチャン・セリス・メネス

次項リンク

[kanren2 postid=”731″]

目次
閉じる